何でも話せて、家族と仲良くなれる生活の中心的場所はリビングでした。まるで家族との繋がりを強く感じられる場所

生活の中心・リビングを快適にするインテリア

家族と生活の中心であるリビングが好きです

私にとって、リビングは家族がなんでも話し合うことが出来る場所だと思います。
生活の中心であり、食事をする時、テレビを見る時、話をする時はだいたいその場所でしていました。
私は実家にいた時、自分の部屋でなにもしていない時はだいたいリビングにいました。
それに家族も自然と集まってくる部屋で何気ない会話が出来る場所でしたし、悩みごとを聞いてもらったり、相談も出来るところで好きでした。
たまに家族と喧嘩したりして、その部屋に行かなくなることもありました。

しかし、自室で一人でいるととても寂しく感じました。
それだけ家族が集まるリビングは落ち着いて、温かい気持ちになれたり、素直になれる場所なのだと思いました。

それに生活の中心でもあるため、一日の出来事や学校での行事確認、父や母の予定など家族のことを知ることが出来る場所でもありました。
今でも実家に帰るとリビングにいます。
今は私の部屋がもうないのもありますが、全然苦ではありません。することがなくても、ただ寝ているだけでも自然と落ち着ける空間なのです。
結婚してからはマンションのリビングにいることが少なくなりました。
実家にいた時のような楽しさが今はないからです。
どうしたら、あの頃のような雰囲気の部屋に出来るのか日々考えています。
家庭によってそれぞれのリビングが存在して、家族や生活の中心になっていたら素敵だと思います。
私も今はそんな場所に出来るように頑張っていきます。

Copyright (C)2018生活の中心・リビングを快適にするインテリア.All rights reserved.