お向い宅の視線が気になり、リビングの窓をカーテンからブラインドに取り替えて快適な生活になりました。

生活の中心・リビングを快適にするインテリア

生活の中心リビングの窓にブラインドを付けた理由

私の家のリビングには大きな窓があります。
引っ越してきた時はカーテンレールも既に付いていたのでカーテンを取り付けたんですが、レースカーテンを閉めきりの毎日になってしまったんです。
カーテンは圧迫感があり、部屋を狭く見せました。
それにここの住宅はコの字型に建てられていて、お向いのお宅との距離が近いんです。
うちのリビングは2階で日当りも良く気に入っていましたが、お向いのお宅の屋上からリビングが丸見えなんじゃないかな?と思うほど・・・こちらからあちらの屋上がよく見えます。
こちらが思うほどあちらは見えていないとは思うんですが・・・視線が気になりますよね。家族のみんながくつろぐリビングは、お客さんが来たりもするので快適で居心地の良い生活の中心部屋にしたいんです。

そこで快適なリビングにするため、カーテンをブラインドに取り替えました。
壁はコンクリート打ちっ放しのグレーで寒々しいので、ダンディライオンイエロー(たんぽぽの花の黄色)のブラインドにしました。
部屋が明るくなるように選んだつもりです。
窓辺はスッキリしてリビングに太陽光をいっぱい入れられるようになりました。
お向いのお宅の視線が気になる時はブラインドの向きを変えて調節しています。
ペットの猫は怖がって暫く窓に近づけなくなり迷惑そうでしたが、今では慣れて窓辺で日向ぼっこで寝そべっています。
窓は部屋の雰囲気を大きく左右するスペースです。
ブラインドは機能もバリエーションも豊富なので色々試してみたいですね。

Copyright (C)2018生活の中心・リビングを快適にするインテリア.All rights reserved.