リビングに一番長くいる生活をしています。休みの日は早く起きておかしを食べながらアニメを観るのが幸せです。

生活の中心・リビングを快適にするインテリア

リビングでテレビを付けている生活

自分は家で一番多くの時間をリビングで過ごしています。
リビングにはとりあえず生活するものが揃っています。
ですから一日で一番多くの時間を過ごしているのです。
リビングで多くの時間を費やすのはテレビです。
テレビっ子という表現がありますが、自分はまさにそのテレビっ子だと思います。
朝起きてすぐにテレビを付けますし、仕事が終わり家に帰ったらまずテレビを付けます。
そして寝るまでずっとテレビを付けています。
とりあえずテレビが付いていると安心するという部分もあります。
テrビが付いていないと家の中が静かすぎて寂しい時があります。
省エネと言われる世の中ですが、テレビ以外の部分で節電をするのでテレビだけは見逃してもらいたいと思います。

テレビをずっと付けていたいのは自分が1人暮らしだからだと思います。
特に見たいと思っている番組がある訳ではありません。その時テレビでやっているのをただ見ているだけで、本当に見たい訳ではありません。リビングでテレビを付けて本を読んだり、インターネットをしたりするのがいつもの生活です。
だらしない様な、健全な生活です。
休みの日で、出掛ける予定が無い日は本当に家のリビングにずっといます。
しかも休日はいつもより遅くまで寝ると言う人がよくいますが、自分はいつもより早く起きます。
本当に早くて、深夜の1〜2時頃には起きてリビングに行き、ずっとテレビを観ます。
この時観るのは録り貯めしておいたアニメなのです。
これを一気におかしを食べながら観るのが今最高に幸せだと感じる瞬間です。

Copyright (C)2018生活の中心・リビングを快適にするインテリア.All rights reserved.