リビングから生活感を抑えるには、身の回りの道具類を外から見えないように収納する事とインテリアの統一感が大事。

生活の中心・リビングを快適にするインテリア

リビングから生活感を抑える基本とは?

リビングは、生活を送る中で一番重要なスペースです。
家族の団欒の場所でもあり、最近では、応接間を持たない間取りの住宅が多く、リビングはお客様を呼ぶスペースとしても、重要になっています。
そこで、問題になるのが、いかにリビングの生活感を抑えるかです。
くつろぎのスペースでもあるリビングは、どうしても、身の回りの道具類が集まってしまいがちです。
さらに、テレビやレコーダー、オーディオシステムなどAV機器のリモコンや、メガネや筆記用具、ティッシュボックス、など生活のこまごまとしたものが、雑然と集まりがちです。
これらをすっきり片付けてしまえば、リビングの生活感は大分薄れることでしょう。
そのために重要なのは、見えなくする収納を心がけることです。

たとえば、リモコンや筆記用具はは、引き出しつきのテーブルやふた付きの整理ボックスに収納して見えなくすることができますし、ティッシュボックスは、お部屋のインテリアの色と同系色のティッシュケースを使用すると、目立たなくなります。
また、ごみ箱もリビング用のものは中袋が見えないタイプの物を選んだりすることですっきりするでしょう。
家具はなるべく同じ素材や色を選び、似たテイストの物でまとめると統一感がでて、ちぐはぐな感じが消えます。
カーテンとクッションなどのファブリックを同じもので揃えるのも効果的です。
また、収納場所が足りないという場合は、収納スツールが便利かもしれません。リビングでは見える物を少なくし、それぞれが主張しすぎないようにすることが、生活感を抑えるためには肝要です。

Copyright (C)2018生活の中心・リビングを快適にするインテリア.All rights reserved.